空手道 講士館 代表 長谷川 一之 


                  
1960年1月 東京生まれ。17歳の時に極真会館総本部に入門。故・大山倍達総裁に直接指導を受ける。1980年、空手道佐藤塾に再入門。初代世界王者の佐藤勝昭に師事。1985年、士道館主催第5回全日本選手権大会重量級で優勝。翌年、ポイント&ノックアウト全日本空手道選手権の初代チャンピオンとなる。佐藤塾では5段範士、宗師代理を務めた。
 2007年、「空手道講士館」設立。2008年3月、交通事故により両足を複雑骨折する重傷を負うが、1年で道場に復帰。日本国際空手協会の専務理事となり、6段位を受ける。
 のべ二千人を超える指導実績があり。山田、宮島といった全日本チャンピオン、世界チャンピオンを輩出している。


  主な戦績

1983年     第3回士道館杯全日本選手権 重量級      準優勝

1985年     第5回士道館杯全日本選手権 重量級      優勝

1986年     第1回ポイント&KO全日本選手権       優勝
           第7回全日本テコンドー選手権 重量級    準優勝

1987年     全沖縄大会       重量級   優勝   総合優勝

1990年     第5回ポイント&KO全日本選手権       準優勝

                             ※ その他 入賞多数



「格闘技の祭典」(両国国技館)
   一本勝ち…1989年
若き日の瀧浴び修行 『空手バカ一代』の影丸穣也先生画
(長谷川代表の似顔絵)

書  籍

『カラテ狂時代』 原書房・1997年

top page