上階隣人からの嫌がらせ対策


1.個人情報流出による嫌がらせ対策

(1999年4月頃〜現在)

テレビを見て始めた対策で、当初は上階隣人とは関係なかった。
しかし、今回のような出来事があったことで、非常に重要だったことに気づく。

今後も、シュレッダーをフル活用し、使用する範囲を広げる対策も実行。
外出先ではレシート類を含めた書類は捨てず、全てここで処理をする。

(後をつけられて捨てたレシート類が拾われて悪用される可能性があるから。)


2-1.室内での嫌がらせ対策(1)

(2004年8月13日(金)〜現在)


室内では主に騒音と電話による嫌がらせで、今後も続くと予想される。
証拠の収集を含めて「電話」と「騒音」対策を実行。

左写真の電話対策では、自宅にかかってきた不愉快な電話の録音及び、
かかってきた時間を記録するメモ。録音用テレコは主に公衆電話の会話用として準備。
また、外出時に暴言などがあった場合の備えとしても活用できる。

右写真の騒音対策では、騒音による嫌がらせを常に記録して、証拠の収集及び、
それらの提出に備えるもの。寝る時は枕元に時計と筆記用具とスタンドを準備。

2-2.室内での嫌がらせ対策(2)

(2006年9月5日(火)〜2006年9月9日(土))

足音「ドンドンドン」が、どのくらいのものなのかを実際に録音してみた。
(録音が終了次第、この対策(証拠収集)は終了した。)



寝ている場所の横に、録音用MDを乗せた椅子を置いて録音した。
うちの建物は鉄筋コンクリート製にもかかわらず、この騒音!!
「集合住宅なんだから、足音くらいはするでしょ?」と思う人も居るかもしれないけれど、
実際にこの音を聞いてもらいたい。(これが夜中に1時間以上続いたら、貴方は黙っていられますか?)

ウォークマン本体は、SONYのMZ−R30、
マイクは、SONYのECM−DS70Pを使用。

周波数が低いのでモニターの小型内臓スピーカーではほとんど聞こえませんでした。
ヘッドホーン等で聞くと、実際の騒音と近い状態で聞くことができました

足音「ドンドン」を聞く     足音「ゴンゴン」を聞く

2-3.室内での嫌がらせ対策(3)

(2008年7月6日(日)〜現在)

電話による嫌がらせ対策として電話線を外していたけれど、不便でしょうがないので、
「嫌がらせ電話キャンセル用スイッチ」を電話機に取り付けしてから、電話線を戻した。


3.外出時に受ける嫌がらせ対策

(2004年8月13日(金)〜2008年7月6日(日))

待ち伏せされ怒鳴られ、それらの証拠の収集ができず、今でも悔しい。

左写真の「音声による証拠の収集」では音楽を聞いているふうに見せかけて、
常に周りの音の録音をし、待ち伏せに備える。ディスクとバッテリーは2つずつ常に、
携帯し、誤消去及びバッテリー切れに備える。記録内容で上隣人と関係のないものは無視。
関係あるものはディスク上書き防止のため、ディスクを交換してから今まで通り録音を続ける。

(例えば、上隣人に言いがかりをつけられ、その内容を証拠として録音できたとしても、
安心してしまいディスクを交換しなかったり、録音を中断してしまっては、
再度戻ってきて因縁でもつけられた場合、その内容を録音できず証拠として
残せないということが考えられるから。万が一、相手に見られた場合は、
「今言ったこと、全部記録してますんで。」と伝えるようにする。
相手が証拠隠滅を図ろうとディスクを奪おうとすることが考えられるから、
その時は徹底してディスクを守る。そのときにMDやカメラ等を壊された場合は器物破損、
暴力により負傷した場合は傷害事件として警察に報告。実際に事件が起きれば警察も動くはず。)

右写真の「画像による証拠の収集」では動画を記録できるので、シャッターチャンスを、
逃すという失敗が少ないと思う。同時に録音もされるから、音声による証拠の収集として利用できる。
部屋に居て玄関に来客が来た場合、録画を押した状態で、後ろ手に持ってから玄関を開けるようにし、
最初は目立たない位置に構えるなどの工夫もする等、気を抜くこともできない。

(この写真を撮影したデジカメも常にポケットに携帯している。)

(2008年7月6日(日)〜現在)

待ち伏せされ 何かされる恐れがあるので、今でも気を抜くことができない。

上写真の「音声による証拠の収集」では、MDウォークマンに代わって専用のボイスレコーダーで、
常に周囲の音を録音し続けて待ち伏せに備える。何もなかったら、消去をして再度録音を続ける。
(例えば、上隣人に言いがかりをつけられても、そのまま録音を続け、後でその内容を証拠として
調査事務所に提出したり、ここのページで音声ファイルをそのまま公開したり等をする。)

(2016年12月30日(水)〜現在)

「画像による証拠の収集」では、車に取り付けして事故などを記録する「ドライブレコーダー」という
のが4万円前後で売られていたので、それを購入して改造して常に携帯できるようにするのを検討中。
また、秋葉原で小型のCCDカメラも売られていたので、2つ購入して常に身につけて録画(録音)している。
(白いシャツ用の色違い改造も検討中)
 


4.生活音に似せた嫌がらせ等の対策

(2004年12月29日(水)〜2007年3月3日(土))

こっちが苦情を言っても「生活音」として受け入れてもらえないことも、相手は十分承知している
ものと思われる。そこを狙っての生活音的騒音の嫌がらせの対策も必要。
 

写真浴室前「A−1」部分は風呂場の配官で他の上階の方の分も含まれ、問題の上隣人のは、
「A−2」部分から「A−1」部分につながっている。上隣人の洗濯機や風呂の排水音は浴室内「A−3」の
部分で確認できる。上隣人が出かけてからモーターの低音と配管「A−3」部分から排水の流れる音が、
聞こえたら、洗濯機を動かして放置したまま出かけている証拠。全く反省していない様子が分かる。

 
また、トイレの騒音と同時に砂や小石のような硬い物を流している様子はトイレにある配官「A−4」から、
便器をガンガン叩く音と同時にものすごい音が聞こえる。他の上階の方の分も含め、普段聞こえる
汚物などの柔らかいものが、流れる音とは明らかに違う音で判断できる。
 


5.室内音監視による嫌がらせ対策

(2005年1月23日(日)〜2007年3月3日(土)

上階隣人も馬鹿じゃないので、こっちが留守の状態では嫌がらせをやっても、
意味がないことくらい承知している。ドアの開閉等でこっちが帰宅したことくらいは分かる。
帰宅を狙ったようにワン切り電話があったこともあるし・・・・・・・・・・・

どんなに気を使ってても発生してしまう音を低減させるために、ドア類の可動する
部分にグリスを塗布したり、クッションゴムをつけたりして対策。

また、この音により「テメェーも出してんじゃねぇーか!」などと因縁をつけられることも考えられる。
更に、テレビやオーディオ類は、全てヘッドホーンを使用ことにした。


6.室内光監視及び覗きによる嫌がらせ対策

(2005年6月19日(日)〜現在)

うちがビデオ鑑賞で消灯している時、(2005年1月8日(土))静かだったことから、室内光にも注目!
室内音同様に夜間、窓から外に漏れる光からでも、こっちが在宅していることは一目瞭然!
下階のベランダは意外と容易に監視することも可能なことから、弱点となる窓にも対策が必要!

今まで、集合住宅では「火・水・音」を出して、隣近所に迷惑にならないように、
気を使って生活してきたけれど、「光」についても気を使うことに気づく。
夜間、窓から外に漏れる光を遮断するのに遮光カーテンを購入し、電気を完全に真っ暗に
できないリビング側は、二重遮光カーテンにした。

また、窓にはガラスの内側に乳白色のアクリル板を両面テープで固定し、ガラスによる負傷を防止。
こっちが寝ている間、上隣人は何かしら行動している。下の階に物を投げ入れるのは比較的容易にできるし、
寝ている間にやられた場合、防ぎようがない。少しでも安心して練るための対策。
借りている物件なので、勝手に標準のガラスから別のものに交換することはできない。
ガラスを壊された場合は、物的証拠として残るというメリットもあるけれど・・・・・・・・・・

(2006年8月27日(日)〜現在)2

早朝に騒音により起こされ、その後、部屋を覗かれた(2006年8月27日(日))ことから、
北廊下側窓にも注目!透明ガラスではないものの、こっちが寝ているか、起きているかくらいは、
外から見ればすぐに分かる!こっちにダメージを与えて喜びを感じている野郎にはどうしようもない。
せめて、北側の窓から漏れる光を完全に遮断する等の対策くらいは、しておこう。


7.情報共有による嫌がらせ対策

(2005年7月1日(金)〜現在)

7月1日(金)午後3時09分に管理事務所へ上階隣人の騒音で困っていることを相談しに行ったときに、
このHPのアドレスを同時に管理事務所の人に教えてあげた。

更に7月10日(日)夜8時45分頃、同階隣部屋と下の部屋の方に、このHPのアドレスを印刷した
手紙を持って、ボクの上に住んでいる奴の騒音による嫌がらせで困っていることを話した。
嫌がらせの内容によっては、関係ない部屋の人まで迷惑がかかってしまうし、あらかじめこういう事実を
伝えておけば、何か事件が発生した場合の対処方法とか、いくらか違うと思う。

(近所に住んでる人で、このHPの存在を知らない人がほとんどだと思うので、
ぜひ見てもらって、同団地でこういった事実が発生していることを知ってもらいたい。)

 


★上隣人が引っ越ししたので、室内での嫌がらせ対策(電話を除く)は中止しました。

も ど る >